「第4回たかまつ国際古楽祭」開催のご報告

(一社)瀬戸内古楽協会が企画・制作をつとめる「第4回たかまつ国際古楽祭」が多くのお客様のご来場のもと、2日間の会期を終えて閉幕いたしました。

香川県にまん延防止等重点措置が適用されている中での開催について、中止という選択肢も含めて協議した結果、当初よりも規模を縮小し、観客人数を制限した「XS(エクストラスモール)」という形での開催を決断いたしました。
あわせて、お客様に対して感染症対策へのご協力を呼び掛けると共に、出演者・スタッフ・その他県外から来訪する関係者に対し、「感染症対策ハンドブック」の策定、事前のPCR検査・当日の抗原検査を実施するなど、できる限りの対策を講じて開催の日を迎えました。

●芸術監督 柴田俊幸からのメッセージ
https://mafestivaltakamatsu.com/announce-about-mat4/

●第4回たかまつ国際古楽祭における感染症対策について
https://mafestivaltakamatsu.com/protect-covid19/


開催に際し、共催の高松市をはじめ、後援、ご支援をいただきました皆様、
会場の香川県文化会館、中條文化振興財団、穴吹邸、高松市美術館(※今回は中止)の皆様、
そして、多くのご声援をいただいたお客様、高松の皆様、誠にありがとうございました。

全ての皆様に、心より御礼申し上げます。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる